タイの果物

タイの果物

最近流行りの小さなパイナップル サパロットプーレーとは?

パイナップルはタイ語でサパロットと言います。バンコクでも最近よく見かけるようになったサパロットプーレーなる品種。その果実は、握りこぶし程のサイズで皮を剥き目を取るとマグカップにスッポリ収まるくらい小さいので、丸い状態のまま売っていることが一般的なのです。
タイの果物

タイの果物 マプラーンとマヨンチットとは 小さな黄色いマムアン?

2月から3月にかけて街中の果物屋台には、長さにして5〜6cm 程度の卵形の黄色い果物が並びます。タイ語でマプラーン、英語でマリアンプラム/プラムマンゴーと言います。マプラーンはマンゴーの親戚筋の果物です。マムアンとは「マンゴー」のこと。
タイの果物

タイの果物 チョンプー 和名はレンブ/ジャワフトモモ(ローズアップル?)

街中の果物屋台には、チョンプーが並ぶ季節になりました。皮を剥かずに、そのまま食べることができる上に、ジューシーで、ほんのりと酸味が含まれているすっきりとした甘味のある果物です。硬くもなくねっとり感もなく上品なサクッとした食感が心地良いですね。
タイの果物

タイの果物 ロンコーン(ブドウのような房状のフルーツです)

「小じゃが」がブドウのように房状になっている果物、ロンコーンと言います。タイを代表する果物の一つです。色鮮やかなブドウのような良い見た目ではありませんが、味は良いですよ。ロンコーンが、市場に多く出回る季節は7月 〜 10月頃だろうか?
タイの果物

タイの果物 ノイナー・ヌア(バンレイシ - 釈迦頭)

ノイナーとは「バンレイシ」のこと。その果実の見た目から釈迦頭とも呼ばれています。7〜9月ごろの期間限定で街中のフルーツ屋台などで見つけることができます。街中のフルーツ屋台でよく見かけるのは、ノイナー・ヌアと呼ばれている品種のグループだと思います。
タイの果物

タイの果物 カヌンの引き売り屋台とカヌンの種の話 - ジャックフルーツ

タイ語でカヌンと言う名の非常にユニークなフルーツ。英語でジャックフルーツ (Jack fruit) と言います。街中では、カヌン屋台のように、カヌンを専門的に扱う店が多いですね。果実自体が非常に大きく、その重さが 10kg 超えは普通のことだからでしょう。