おかず屋台 ホイラーイパットナムプリックパオ アサリとバジルの唐辛子オイル炒め

ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ タイ料理

ホイラーイ (หอยลาย) とは、タイのアサリの仲間の貝。今回紹介するのは、ホイラーイをナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) で炒め、タイバジルのホーラパ- (โหระพา) を加えた料理。ホイラーイパットナムプリックパオ (หอยลายผัดน้ำพริกเผา) と呼ばれています。パット (ผัด) とは「炒める」、ナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) とは、クロックで潰した乾燥唐辛子を油で炒めたナムプリックの総称(後述)です。ぶっかけ飯屋/おかず屋台では定番料理の一つ。作り方も簡単で非常に美味しいです。辛味の中に甘味のある味付けが多いと思います。

おかず屋台のホイラーイパットナムプリックパオの様子
おかず屋台のホイラーイパットナムプリックパオの様子

一般的な調理方法は次の通り。
クロック(調理器具の石臼)で潰したニンニクと赤唐辛子のペーストを用意。フライパンを用いてペーストを油で炒め、その中にホイラーイを投入。蓋をしてホイラーイを蒸し焼きにする。口が開いたら、ナムプリックパオと砂糖、ナンプラー、オイスターソースなどで味を整えて全体に味が馴染むように炒める。その後、ホーラパ-を入れて、ホーラパ-の香りが立てば完成。

身近にある貝料理で、私の好きなタイ料理の一つでもあり、ぶっかけ飯屋/おかず屋台で見つけると注文したり、またはホイラーイパットナムプリックパオのみを袋詰めでテイクアウトしたり ... 同胞諸君、お試しあれ!

ご飯のおかずのホイラーイパットナムプリックパオ
ご飯のおかずのホイラーイパットナムプリックパオ

ナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) とは ...
バンコクを含む中部地域でよく使われるナムプリック。ナムプリック (น้ำพริก) とは「唐辛子ベースのディップやソースの総称」、パオ (เผา) とは「強火で炒める/焼く」イメージ。タイの代表的なナムプリックで作り手/作る料理ごとにレシピがあると思いますよ。クロックで潰した乾燥唐辛子をベースに、ニンニク、ホームデーン (หอมแดง) なるタイのエシャロットなどの香味野菜、さらに乾燥エビや小エビを塩漬けして発酵させてたガピ (กะปิ) などを入れ、砂糖やナンプラーで味を調整して作るのです。
ナムプリックパオは、トムヤムクンや各種の炒めものなどの調味料として、非常に重宝するナムプリックです。なお、豚のひき肉を入れるレシピもあります。ナムプリックパオ・ムーサップ (น้ำพริกเผาหมูสับ) と言うのですが、野菜のディップやご飯のおかずにも最高です。どちらかと言えば甘味のあるのナムプリックです。

一般的にタップリの油を使って油漬け状態にしますので、長期保存ができるナムプリックでもあります。瓶詰めにされているナムプリックパオは幾つかのメーカーから発売されているので、スーパーマーケットなどで買うことができます。お試しあれ。
メープラノム (MAEPRANOM:แม่ประนอม)チュアハーセン(CHUA HAH SENG:ฉั่วฮะเส็ง) などが有名ですね。

チュアハーセン ナムプリックパオ
チュアハーセン ナムプリックパオ

こぼれ話
ホイラーイは、スーパーマーケットやタラートで買うことができます。スーパーマーケットの場合、外になければ、魚介類が並んでいる冷蔵庫棚にあると思います。価格も高くありませんので、上手に活用すると料理の幅が広がります。酒蒸し、スパゲッティ・ボンゴレ、味噌汁などなど ... ところで、買ってきたホイラーイは、綺麗に洗って砂抜きしましょう。日本のアサリと同じ要領でよいのですが ... ここはタイランド。タイスタイルの砂抜き方法があるのですよ。それは、叩き潰した(または手で折った)生の唐辛子2〜3本を規定量の塩と一緒に入れるのです。すると ... 10 分程で貝の口が開きます。この状態で中の砂を綺麗に水洗いして完了。ホイラーイもハァハァ、ヒィヒィ、辛いのでしょうね。55555 ...  お試しください。

タラートのホイラーイの様子
タラートのホイラーイの様子