タイの果物 カヌンの引き売り屋台とカヌンの種の話 - ジャックフルーツ

カヌンのアイキャッチ タイの果物

タイ語でカヌン (ขนุน) と言う名の非常にユニークなフルーツ。英語でジャックフルーツ (Jack fruit) と言います。バンコクの街中では、カヌンを専門に扱う引き売り屋台を良く見かけます。固定屋台の場合でもカヌンのみを専門的に扱うことが多いですね。カヌンの果実自体が非常に大きく、その重さが 10kg 超えは普通のことだからでしょう。なお、タイでは幾つかの品種が栽培されているようですが、20kg 以上になる品種もあるらしい。さらに果肉を取り出すにも手間がかかるのです。そのような点からも専門色が強いのでしょう。

カヌンの果実
カヌンの果実

以下の写真は、街中で見かけたカヌンの引き売り屋台の様子。

カヌン屋台
カヌンの引き売り屋台の様子

一般的な引き売り屋台の構造は、売り台の下にカヌンを入れるスペースが用意されているのです。

引き売り屋台の構造 売り台の下にカヌンを入れるスペースがある
引き売り屋台の構造 売り台の下にカヌンを入れるスペースがある

カヌンの引き売り屋台では、その場で大きな果実を解体。一つの大きな果実の中に多数の小さな果肉が詰まっているのです。その小さな果肉を取り出し、さらにその中の種を取り出し完了。

カヌンの引き売り屋台 その場で大きな果実を解体
カヌンの引き売り屋台 その場で大きな果実を解体
大きな果実の中の小さな果肉の様子
大きな果実の中の小さな果肉の様子
小さな果肉を取り出した後の様子
小さな果肉を取り出した後の様子

以下の写真が、種を取り出したカヌンの果肉。カヌンには、カヌン特有の匂いがあるので苦手な方もいるかもしれませんね。甘味があり、ちょっと弾力のある果肉で食感もカヌン特有です。果汁たっぷりのジューシー系のフルーツではありませんが、このカヌン特有の匂いと食感の虜になっている方も多いのですよ。

種を取り出したカヌンの果肉
種を取り出したカヌンの果肉

このカヌンは、雨季(6月〜10月)の果物と思っていたのですが、最近では一年中見つけることができますね。そして、世界最大の果物とも言われています。もし、街中でカヌン屋台を見つけたら、是非、挑戦してみてください。

ところで ...
以下の写真は、お菓子屋台のカヌンの甘露煮。カヌン・チュアム (ขนุนเชื่อม) と言います。チュアム (เชื่อม) が料理に付く場合は「甘露煮」を指します。ココナッツミルクに米粉などでとろみを付けた少し塩っけのあるココナッツミルクソースをかけて食べるデザートです。

カヌンの甘露煮
お菓子屋台のカヌンの甘露煮(カヌン・チュアム)

なお、伝統的なカヌンの食べ方にカヌン・ローイゲーオ (ขนุนลอยแก้ว) があります。甘いシロップ(砂糖水)で煮てから、煮汁のシロップとカヌンを器に入れて氷を浮かべたデザートです。他にも、アイスクリームと合わせたり、色々なデザートと合わせたりして活用範囲の広い果物です。
ところで、完熟前のカヌンは野菜としてカレー系の煮物やスープの具材、または茹でてサラダなどにも使われます。

カヌンの種の話
以下の写真は、カヌンの種。タイ語でメットカヌン (เม็ดขนุน)、またはマレットカヌン (เมล็ดขนุน) と言います。このカヌンの種も塩茹で油で揚げて食べることができるのです。カヌン屋台では、取り出した種だけを集めて、別売りで販売もしています。

別売りのカヌンの種の様子
別売りのカヌンの種の様子

以下の写真は、路上販売のカヌン屋台で見つけた塩茹でのカヌンの種の様子。一晩に水に浸してから塩茹でするようです。ナント ... 一袋 10バーツ。55555 ...

カヌン屋台で見つけた塩茹でのカヌンの種の様子
カヌン屋台で見つけた塩茹でのカヌンの種の様子

早速、一袋購入。例えば茹で落花生や茹で栗より食感も風味も柔らかいですね。カヌン特有の匂いは全くありません。薄い皮を剥くと渋皮がありますが、渋皮は気にならないと思います。

塩茹でのカヌンの種
薄い皮を剥いた後のカヌンの種の様子

以下の写真は、種を割った様子。中はクリーム色なのですよ。

カヌンの種を割った様子
カヌンの種を割った様子

遠い昔のこと。カヌンは自宅で解体するのが当たり前。解体後の種は、当然、塩茹で油で揚げて食べていたのですね。我が家の嫁は、子供時代を思い出すと言って食べるのですよ。55555 ...
もし、カヌンの種を見かける機会があったら挑戦してみてください。美味しいですよ。