ムーサップパッポンカリー 蟹のプーパッポンカリーだけじゃないですよ

ムーサップパッポンカリーのアイキャッチ タイ料理

プーパッポンカリー (ปูผัดผงกะหรี่) は、カレー粉の風味のふんわり卵の食感に蟹の旨みがプラスされた美味しい料理。タイに来たら食べてみたいと思う料理の一つでしょう。プー (ปู) は「蟹」、パッまたはパット (ผัด) は「炒める」、ポンカリー (ผงกะหรี่) は「カレー粉」のこと。パッポンカリー (ผัดผงกะหรี่) とは「カレー粉の炒めもの」の総称なのですが、今では「卵でとじたスタイル」が主流でしょう。一般的には辛くない料理です。

蟹のプーパッポンカリーって、値段は高いし、手が汚れて食べ難いし、ご飯のおかずとしては「どうなのよ」とは思いませんか? さらには、美味しい日本の蟹を食べ慣れている日本人にとって、タイで食べる蟹って「どうなのよ」と問いてみたいですね。まあ〜 日本の美味しい蟹ならパッポンカリーにせず、そのまま食べた方が美味しいとは思いますが ... シーフードレストランには、エビやイカなどを使ったタレーパッポンカリー (ทะเลผัดผงกะหรี่) なるメニューもあります。タレー (ทะเล) とは「海/シーフード」のこと。我が家ではシーフードレストランに行くと、必ず注文する料理の一つ。蟹より値段は安いし、手が汚れることも無いし、ご飯のおかずにも最適なのです。普通に美味しいですよ。蟹と海老との対決かな? 55555 ...

エビやイカを使ったタレーパッポンカリー
エビやイカを使ったタレーパッポンカリー

ところで、パッポンカリーは、メイン食材以外のカレー風味の卵とじ自体も美味しいですよね。カレー風味の卵とじは「豚のひき肉」を使うのもありですよ。ムーサップパッポンカリー (หมูสับผัดผงกะหรี่) と言います。ムーサップ (หมูสับ)とは「豚のひき肉」のこと。このムーサップパッポンカリー、材料費は安いし、美味しいし、ご飯のおかずとしては最適です。なお、この料理は、ぶっかけ飯屋やおかず屋台では、あまり見かけないメニュー。何故かと言えば、豚肉料理なら辛味のあるラープやパットガパオの方が人気があるからでしょう。だから、自分で作るのです。

自分で作ろうムーサップパッポンカリー
我が家でも簡単で美味しい豚のひき肉を使ったイサーンスタイルのラープパットガパオをよく作るのですが、たまには、味の違うパッポンカリースタイルも ... とのことで作ります。
パッポンカリーの素は、Lobo ブランドや i-Chef ブランドから発売されているのですが、あまり人気がないようで置いていないスーパーマーケットもあるようです。初めての方はパッポンカリーの素を使って挑戦してみてください。
i-Chef ブランドのパッポンカリーの素を見つけたので紹介してみます。

i-Chef ブランドのパッポンカリーの素
i-Chef ブランドのパッポンカリーの素

以下の写真は、パッケージの中身の様子。ペースト状のソースが入っています。Lobo ブランドも同じスタイルです。

i-chef ブランドのパッポンカリーの素の中身
i-chef ブランドのパッポンカリーの素の中身

以下の写真は、卵2個、パッポンカリーの素1袋、そして、ココナッツミルクを 80ml程度入れた様子。エバミルクや牛乳または水でもよいでしょう。汁っけのある卵とじの方がご飯との相性も良いし、パッポンカリーらしいでしょう。汁っけの分量に対して自分で味を調整することを前提にしている方は、お好きな水分量でどうぞ。混ぜ合わせて事前に準備しておきましょう。

卵にパッポンカリーの素とココナッツミルクを入れた様子
卵にパッポンカリーの素とココナッツミルクを入れた様子

実は、混ぜ合わせている時点で味見。私的には味の薄さを感じている状況でした。

混ぜ合わせたパッポンカリーのソースの様子
混ぜ合わせたパッポンカリーのソースの様子

今回の材料は以下の通り。食べごたえがある分量だと思います。なお、パッポンカリーと言えば、タマネギが入るイメージが強いですね。分量はたぶんですので悪しからず。
‐豚のひき肉:200g 〜250g 程度
‐ニンニクのみじん切り:大粒なら3〜4片程度
‐タマネギのくし切り:中玉なら1個程度
クンチャーイ、トンホームは適量

気持ち多目の油で炒めます。ニンニクのみじん切りの香りが立ったら豚のひき肉を加え、適度なタイミングでタマネギのくし切りも加えて炒めます。タマネギの残したい食感を考慮して、事前に準備しておいたパッポンカリーのソースを加え、卵が適度に固まったら完成なのですが、ご飯のおかずとしては、やはり味が薄いと感じる方は、ナンプラー 大さじ1、砂糖 大さじ半分程度を加えてみてください。味の輪郭がはっきりすると思います。辛味を足したい方は、コショウや赤唐辛子の線切りを彩りも兼ねて活用するのも良いでしょう。

完成したムーサップパッポンカリー
完成したムーサップパッポンカリー

ところで ...
メーカーのパッポンカリーの素を買わずとも作れます。つゆだくの卵とじの野菜炒めなどを作る要領で、溶き卵の中に水と大さじ山盛り1程度のカレー粉を入れれば OK。家庭料理のパッポンカリーなら十分成立でしょう。何となくパッポンカリーのイメージからすると、エバミルクやココナッツミルクを使いたくなるし、赤い油が浮いている見た目も欲しいですね。赤い油なら市販のナムプリックパオ (น้ำพริกเผา) を小さじ1程度を使う手があります。トムヤムクンや各種の炒めものなどの調味料として使われるものです。ただし、市販品は辛味だけではなく甘いタイプが多いの注意しましょう。ナムプリックパオは、以下参考に願います。

ムーサップパッポンカリーは、醤油またはナンプラー、オイスターソースやシーズニングソース、砂糖で味をつけた豚のひき肉のカレー風味の卵とじ炒めです。料理好きの方なら1〜2度作れば、自分好みの味になると思いますよ。味に迷いがあるなら、マナーオの搾り汁を入れないナンプラープリックを別に用意して置くのもあり。

以下の写真は、パッポンカリーの素を使わずに作ったムーサップパッポンカリーの様子。正直に言えば、酸味と辛味のあるイサーンスタイルのラープムーサップの方が美味しいのですが、時々食べたくなる味なのです。

パッポンカリーの素を使っていないムーサップパッポンカリー
パッポンカリーの素を使っていないムーサップパッポンカリー

こぼれ話
以下の写真は、ムーサップパッポンカリーのトースト。食べ残ったムーサップパッポンカリーの活用方法ですが、これが美味しいのですよ。なお、豆腐のパッポンカリーを作ってみたいと思っているのですが、まだ実現せず。日本スタイルの豆腐ではなく、タイスタイルの硬い豆腐、タオフーケン (เต้าหู้แข็ง) ですね。

ムーサップパッポンカリーのトースト
ムーサップパッポンカリーのトースト