アヌサワリーのクイッティオルア

クイッティオ・ルア タイ料理

タイ人は麺類も大好きで、いろいろな種類の麺料理があります。クイッティオルア (ก๋วยเตี๋ยวเรือ) もその中の1つ。クイッティオ (ก๋วยเตี๋ยว) は米粉の麺、ルア (เรือ) は舟の意味です。運河に浮かぶ舟の中で作る小さな器のクイッティオが名前の由来とのこと。「舟のクイッティオ」ですね。クイッティオルアの店先には、小舟や舟形のオブジェを置いているお店もあります。
クイッティオルアの器には3〜4口で食べ終わる量のクイッティオと少ないスープしか入っていないのです。その空いた器を積み上げることがクイッティオルアの醍醐味。タイのわんこそばですね。

クイッティオルアの基本は、ナムトック (น้ำตก) 系のスープ麺です。ナムトック系のスープとは、いろいろな香辛料と豚の血が入る辛味と酸味のある醤油ベースの濃い目のスープです。お店によっては、トムヤム (ต้มยำ) やイェンタフォー (เย็นตาโฟ) のスープもあります。
麺の種類は、細麺のセンレック (เส้นเล็ก)、極細麺のセンミー (เส้นหมี่)、太麺のセンヤイ (เส้นใหญ่) がありますが、一般的にナムトック系のスープには、センレックまたはセンミーが多いのではと思います。肉の種類は、豚 (ムー:หมู )と牛 (ヌア:เนื้อ) があります。

バンコクにはクイッティオルアのお店が並ぶ有名なエリアが BTS アヌサワリー駅の近くにあります。アヌサワリーですが、正しくはアヌサーワリー・チャイサモーラプーム (อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ : Victory Monument) と言います。

Victory Monument (ビクトリーモニュメント)
Victory Monument (ビクトリーモニュメント)

BTS での行き方を簡単に書いてみます。
BTS アヌサワリー駅はビクトリーモニュメント側の改札から出ます。そのままスカイウォークが続きますのビクトリーモニュメントが左手に見える程まで歩くと右手に Victory Hub のビルがあります。スカイウォークから Victory Hub に入ります。スカイウォークと3階フロアが連結しています。3階フロアを入り口から奥に向かって進むとエスカレーターがあります。1階まで降ります。1階フロアを大通りからみて奥に向かって進みます。左手に出口がありますのでビルの外に出ます。その後、右手に道なりに沿って進みコンクリートの橋がある道へ入るように右折します。その橋を渡れば目的のエリア。

Victory Hubのビル スカイウォークから3階に入ります
Victory Hubのビル スカイウォークから3階に入ります
アヌサワリー ビルの外に出たら右手に道なりに沿って進みます
ビルの外に出たら右手に道なりに沿って進みます
アヌサワリー 橋を渡ればクイッティオルアのお店があるエリア
橋を渡ればクイッティオルアのお店があるエリア

この橋を渡れば有名店が2軒あります。向かって右側が「パ ヤク ボート ヌードル ショップ (ร้านก๋วยเตี๋ยวเรือป๋ายักษ์)」、向かって左側が「バーン クイッティオルア トーン (บ้านก๋วยเตี๋ยวเรือทอง)」です。この2軒ともエアコンがあるので、初心者の方にもお薦めします。

向かって右側 パ ヤク ボート ヌードル ショップ
向かって右側 パ ヤク ボート ヌードル ショップ
向かって左側 バーン クイッティオルア トーン
向かって左側 バーン クイッティオルア トーン

例えば、センレック・ムー・ナムトックのように麺種、肉種、スープ種の組み合わせで注文します。順番は気にしなくても通じます。どちらのお店にもメニューがありますので、基本的にはその中から選ぶことが良いと思います。タイ人から見て一般的でないような組み合わせもありますので 。。正直に申せば、店員はいい加減です。お客が多いせいなのかミスも多いし、味だって ... 特に辛味は器ごとに違ったりもします。タイの庶民向けのお店であることを忘れずにマイペンライの精神で ... (55555)
辛いのが苦手な方は、辛味少なめとか唐辛子抜きの注文も可能です。タイの子供だって辛い物は食べれませんので。。

「パ ヤク ボート ヌードル ショップ」のメニュー
「パ ヤク ボート ヌードル ショップ」のメニュー
「バーン クイッティオルア トーン」のメニュー
「バーン クイッティオルア トーン」のメニュー

器には少しばかりの野菜と肉団子が入っています。肉団子は、タイ語でルークチン (ลูกชิ้น) と言います。テーブルには、砂糖、唐辛子、唐辛子のお酢などの調味料が置いてあります。自分で味の調整をするのがタイのスタイルです。トッピングに豚皮揚げワンタンの皮揚げがあります。豚皮揚げはお薦めします。豚皮揚げは、タイ語でケープムー (แคบหมู) と言います。ワンタンの皮揚げは、タイ語でギアオトード (เกี๊ยวทอด) と言います。どちらも天かす天ぷらのような役割ですね。

細麺のセンレック・ムー・ナムトックトッピングのケープムーを入れています
細麺のセンレック・ムー・ナムトック
トッピングのケープムーを入れています
テーブルにある調味料セット その他にナンプラーもあります
テーブルにある調味料セット
その他にナンプラーもあります
トッピングの豚皮揚げ ケープムー
トッピングの豚皮揚げ ケープムー
トッピングのワンタンの皮揚げ ギアオトード
トッピングのワンタンの皮揚げ ギアオトード

今回は向かって右側の「パ ヤク ボート ヌードル ショップ」の写真を使っています。この日の嫁はのセンレック・ムー・ナムトックを5つ、のセンレック・ヌア・ナムトックを唐辛子無しで5つ注文した様子。とにかく、直ぐに食べ終わる量なので、まとめて注文して置くことをお薦めします。スープも少ないので、1つ目を食べ終えて残ったスープを次の器に移しながら食べていくのもありですよ。食べ終えた器は重ねていきましょう。トッピングの値段も同じですので、積み上げた器の数で料金もわかります。

豚のセンレック・ムー・ナムトック
のセンレック・ムー・ナムトック
牛のセンレック・ヌア・ナムトック
のセンレック・ヌア・ナムトック

ところで、辛くてつらい場合には、水を飲むのではなく、テーブルにある砂糖を舐めてください。効果があるはずです。もしスープが辛いなら砂糖を入れると辛味が和らぎます。なお、見える唐辛子は無理せず外してください。タイ人にも辛味が苦手な方もたくさんいますし、ガパオライスの唐辛子を皿の横に外すタイ人もたくさんいます。なお、唐辛子の個体によっては、極端に辛味が強いものもあります。

クイッティオ・ルア 積み上げた空いた器
積み上げた空いた器

この2つのクイッティオルアのお店には、それぞれにファンがいるのだろうと思います。どちらも羨ましいほどお客がいます。我が家の嫁は、向かって左側の「バーン クイッティオルア トーン」派です。アヌサーワリー界隈には、この2つ以外にもクイッティオルアが食べれるお店がたくさんありますし、嫁の友人は、この2つ以外の店のファンのようです。ちなみに私はどちらでも OK です。
この2店はライバル関係のお店でもあります。私がタイに住み始めた十数年前は、どちらの店も1杯が 10バーツ、何度かの値上げがあり今では 16バーツ。常に値段も一緒に値上げなのですよ。
冒頭に書きましたが、クイッティオルアの醍醐味はわんこそば感です。積み上げた空いた器の数に面白みがあります。この日の私は6杯でした。過去には 10杯もあったと思います。
当然のように恐ろしい強者もいますよ。機会があれば、是非、貴方も挑戦してみては!!

以下の写真は参考までに「バーン クイッティオルア トーン」のクイッティオルアです。
「パ ヤク ボート ヌードル ショップ」と比べて、甘味が強めで辛味が弱めかもしれません。

豚のセンレック・ムー・ナムトックトッピングのケープムーとギアオトードを入れています
のセンレック・ムー・ナムトック
トッピングのケープムーとギアオトードを入れています
牛のセンレック・ヌア・ナムトックトッピングのケープムーとギアオトードを入れています
のセンレック・ヌア・ナムトック
トッピングのケープムーとギアオトードを入れています

以下に、お店のグーグルマップのURLを書いてみます。お店の情報も見れますので参考にしてください。

Victory Hub (スカイウォークとは3階フロアが連結)
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/EeCPRxRHoAm57UNdA

バーン クイッティオルア トーン (บ้านก๋วยเตี๋ยวเรือทอง)
グーグルマップ: https://goo.gl/maps/uaTrQCCfKL9DH9BH9

パ ヤク ボート ヌードル ショップ (ร้านก๋วยเตี๋ยวเรือป๋ายักษ์)
グーグルマップ:https://goo.gl/maps/eYn8djTfmgZBUpNT7

こぼれ話
「バーン クイッティオルア トーン」には、カノムトゥアイがメニューにあるのです。ほんのり甘いココナッツミルクのういろうの上に少し塩っけのある白いココナッツミルクのクリームが乗っているイメージのお菓子です。是非、お試しあれ!

「バーン クイッティオルア トーン」のカノムトゥアイ
「バーン クイッティオルア トーン」のカノムトゥアイ