タイのお菓子 マントート プアックトート(芋の唐揚げ)

マントート タイのお菓子

マントート (มันทอด) とは、サツマイモの唐揚げ。この場合のマン (มัน) とは「芋」の総称、トート (ทอด) は「油で揚げる」の意味。タロイモの唐揚げは、プアックトート (เผือกทอด) と言います。ところで、街中にはバナナの唐揚げ屋台がたくさんあります。バナナの唐揚げは、クルアイトート (กล้วยทอด) またはクルアイケーク (กล้วยแขก) と言います。クルアイトートの屋台を覗いて見てください。マントートやプアックトートもあるかもしれません。なお、サツマイモは、タイ語でマンテート (มันเทศ) と言います。

マントートの様子
マントートの様子

最近のこと、近所に美味しいマントートを売っている屋台があることに気づき、それ以来マントートにハマっています。外はカリカリ、中はホクホクの甘味の柔らかいマントートなのです。この屋台は、黄色いサツマイモと紫芋の2種類。どちらも美味しいのです。

黄色いサツマイモと紫芋の2種類のマントート
黄色いサツマイモと紫芋の2種類のマントート

なお、タイでもサツマイモにはいろいろな種類があります。黄色いサツマイモと紫芋以外にオレンジ色のサツマイモを扱っている屋台もあります。

オレンジ色のサツマイモのマントート
オレンジ色のサツマイモのマントート

以下の写真はオレンジ色のマントートを扱っている屋台の様子。

オレンジ色のマントートを扱っている屋台の様子
オレンジ色のマントートを扱っている屋台の様子

以下の写真は、いろいろな種類のマントートを扱っている屋台の様子。

いろいろな種類のマントートを扱っている屋台の様子
いろいろな種類のマントートを扱っている屋台の様子

さて、以下の写真は、タロイモの唐揚げのプアックトートを扱っている屋台の様子。プアックトートはマントートと比べると色が白っぽく、一般的にちょっと硬めの食感。

プアックトートを扱っている屋台の様子
プアックトートを扱っている屋台の様子

以下の写真は、オレンジ色のマントートとプアックトートを扱っている屋台の様子。屋台により扱う芋の種類が違うのです。

オレンジ色のマントートとプアックトートを扱っている屋台の様子
オレンジ色のマントートとプアックトートを扱っている屋台の様子

私はホクホクしているマントートの方が好きですが、好みの分かれるところでしょう。タイの芋の唐揚げ、日本のおかずとしての芋の天ぷらとはちょっと違いますよ。お菓子感覚のマントートやプアックトート、是非お試しあれ!!

そうそう、最近のタイでは日本のサツマイモに人気があります。デパート内の焼き芋やドンキの焼き芋、やっぱり甘さが違いますね。ドンキの生のサツマイモを大量にかっているタイ人も見かけます。

こぼれ話
タイには食材の外はカリカリ、中はホクホクで柔らかく仕上げる魔法の水があるのです。たぶん多くの屋台でも魔法の水のナムプーンサイを使っているのではと想像しています。