タイ料理 サイヤーン(豚のホルモン焼き)

サイヤーン タイ料理

サイヤーン (ไส้ย่าง) のサイ (ไส้) は「腸」、ヤーン (ย่าง) は「焼く」の意味。サイヤーンとは「豚のホルモン焼き」の総称で、イサーン系のレストランにあるメニューです。
小腸のホルモン焼きであるサイオーンヤーン (ไส้อ่อนย่าง) が多いかもしれません。ちなみに、サイオーン (ไส้อ่อน) とは、柔らかい腸を意味し「小腸」のこと。サイヤイ (ไส้ใหญ่) とは、大きな腸を意味し「大腸」のこと。大腸のホルモン焼きならサイヤイヤーン (ไส้ใหญ่ย่าง) です。

サイオーンヤーンは、下茹でした豚の小腸を醤油にパクチー、パクチーの種、胡椒などをクロックで叩いたペーストと砂糖を入れた漬け込みダレで味を馴染ませた後に炭火焼き。

サイオーンヤーン
サイオーンヤーン

以下の写真のサイオーンヤーンは、しっかり下味を付けているスタイルで、さらに大きくカット。店により下味の付け方やカットの方法に違いがあります。

しっかり下味を付けているサイオーンヤーン
しっかり下味を付けているサイオーンヤーン

つけダレナムチムジェオ (น้ําจิ้มแจ่ว) が付いてくることが多いですね。ナムチムジェオとは、イサーン系の焼いた肉料理に付けるつけダレの総称です。

ナムチムジェオ
ナムチムジェオ

小腸のサイオーンヤーンは、臭みもなく非常に柔らかい豚のホルモン焼きです。

以下の写真は、ホルモン系を扱う豚肉焼き屋台の様子。奥が小腸のサイオーンヤーン、手前が大腸のサイヤイヤーン。屋台の場合に多いのですが、ガイヤーンデーンと同じように漬けダレを色付けしてあるからオレンジ色。このオレンジの色付けがタイスタイルなのですよ。

ホルモン系を扱う豚肉焼き屋台
ホルモン系を扱う豚肉焼き屋台

このような屋台は、基本的に量り売りです。自分で欲しい肉の塊をいくつか選ぶと重さを計ってくれます。炭火で炙り直してからカットして袋詰。
以下の写真は、テイクアウトした大腸のサイヤイヤーンの様子。

テイクアウトした大腸のサイヤイヤーン
テイクアウトした大腸のサイヤイヤーン

大腸のサイヤイヤーンは、豚もつ特有の風味とコリコリ感がありますが、直ぐに噛み切れる柔らかいホルモン焼きでした。もちろん、アロ〜イアロ〜イ。

ホルモン焼きの好きな貴方、是非、タイのホルモン焼きに挑戦してみてください。

こぼれ話
豚のホルモンが入っている身近な煮込み料理には、ガオラオルアットムーがあります。サイオーンが多いと思います。

ガオラオルアットムーの中のサイオーン
ガオラオルアットムーの中のサイオーン

さらに「豚の内臓の煮込み」や「ホルモンの煮込み」がメニューにあるカオカームーの店があります。「豚の内臓の煮込み」は、クルアンナイパロー (เครื่องในพะโล้) と言います。クルアンナイ (เครื่องใน) とは「内臓」の総称。「ホルモンの煮込み」は、サイパロー (ไส้พะโล้) と言います。なお、クルアンナイパローとサイパローは、同じ意味に扱われることもあります。なお、店によってはサイオーンもサイヤイもあります。

クルアンナイパローの中のサイオーン
クルアンナイパローの中のサイオーン

以下の写真は、ホルモンのフライ。サイトート (ไส้ทอด) と言います。トート (ทอด) とは「油で揚げる」の意味。イサーン系のレストランにあるメニューです。時々硬い店があるので、歯に自身がない方はご注意願います。

レストランのサイトート
レストランのサイトート
サイトート屋台の様子
サイトート屋台の様子