タイ料理 ガオラオヌアとクイッティオヌア(牛の内臓系の煮込み)

ガオラオヌア タイ料理

ガオラオヌア (เกาเหลาเนื้อ) とは「牛肉や牛の内臓系の煮込み」のこと。ヌア (เนื้อ) とは「牛肉」のこと。なお、牛肉の煮込み料理をヌアトゥン (เนื้อตุ๋น) と言います。トゥン (ตุ๋น) とは「しっかり煮込む」の意味。豚肉とは違い、タイの牛肉は硬いのでしっかり煮込まないと食べる気になれないのです。そのため、牛肉は豚肉と比べると手間がかかりますね。この煮込みスープを使ったクイッティオがクイッティオヌアトゥン (ก๋วยเตี๋ยวเนื้อตุ๋น)、一般的にクイッティオヌア (ก๋วยเตี๋ยวเนื้อ) と呼ばれる麺料理です。醤油ベースの辛くないスープで親しみを感じる味ですよ。
ちなみに、豚肉や豚の内臓系の煮込みスープは、ガオラオムー (เกาเหลาหมู) と言います。ムー (หมู) とは「豚肉」のこと。

麺が入っているクイッティオヌア
麺が入っているクイッティオヌア

ガオラオヌアの店は街中やフードコートの専門店が多いと思います。 ガオラオヌアは、トムヤムクンなどでよく使われるモーファイ (หม้อไฟ) と呼ばれる鍋で注文して家族でシェアし、ライスは個々に注文して食べるスタイルもありです。

モーファイのガオラオヌア
モーファイのガオラオヌア

もちろん、各自で「ガオラオヌア+ライス」の注文も可能です。最近の我が家のスタイルは、各自で「クイッティオヌア+ライス」なのですよ。ラーメンライスのスタイルなのです。55555 ...

味の調整は、テーブルの上に調味料セットがありますので、自分の料理や取皿に直接入れても問題無しです。なお、ガオラオヌアの店では小皿を用意しています。この小皿に、唐辛子、ナンプラー、砂糖などを入れて、自分好みの味のつけダレを作ることができるのです。

クイッティオヌア 直接調味料を入れても OK です私の場合、麺はセンレック一択
クイッティオヌア 直接調味料を入れても OK です
私の場合、麺はセンレック一択
テーブルの上にある調味料セット
テーブルの上にある調味料セット

以下の写真が小皿につけダレを作った様子。このつけダレに具を付けて食べるのです。

自分好みの味のつけダレの様子
自分好みの味のつけダレの様子
ガオラオヌアの具、つけダレで食べます
ガオラオヌアの具、つけダレで食べます

以下の写真が白米とスープ、この食べ方が醍醐味であり最高に美味しいのですよ。私は、このガオラオヌアが大好きなのです。

白米とスープ、これが最高でしょ!!
白米とスープ、これが最高でしょ!!

以下、厨房の様子。
硬い牛肉のぶつ切りは、事前に煮込んであります。

事前に煮込んである牛肉のぶつ切りの鍋の様子
事前に煮込んである牛肉のぶつ切りの鍋の様子

直ぐに火が通る部位は注文時に火入れします。

内臓系の部位の様子
内臓系の部位の様子

ところで、ガオラオヌアの店には「牛すじの煮込み」を用意している店があるのです。あれば必ず、別皿で注文するのが我が家流。以下の写真は、アキレス腱の煮込み。これが最高!!

牛すじの煮込み(アキレス腱)
牛すじの煮込み(アキレス腱)